妊娠中でも全身脱毛は可能なの?

全身脱毛をしたいと考えた場合、妊娠中でも可能なのだろうかと疑問に思う人がいるはずです。

 

基本的には、不可能です。

 

脱毛サロン側に断られることが多いためです。

 

もちろん、全身脱毛の施術自体や、レーザー脱毛などが、子宮や胎児に悪い影響をもたらす訳ではありません。

 

しかし、それでも色々なリスクがあるため、脱毛サロン側に断られてしまうのです。

 

 

全身脱毛をする場合、長時間、横になっている必要があったり、痛みを感じることもあります。

 

様々な刺激を受ける可能性が高いでしょう。

 

もともと妊娠している時は、少しの刺激で気持ちが悪くなったり、体調を崩したりしてしまうことがあります。

 

そのため、脱毛サロン側としては、万一、全身脱毛の刺激で流産や早産などになったりした場合、責任をとることが出来ないため、断るのです。

 

リスクが大きすぎるということが理由なのです。

 

 

また、肌は女性ホルモンと密接な関係があります。

 

そのため、妊娠中は肌がとても敏感になりやすいですし、基本的に毛深くなる人が多いのです。

 

妊娠している女性が全身脱毛を受けると、妊娠していない時期より痛みを感じやすかったりする可能性が高いですし、なかなか効果が出にくいという可能性もあります。

 

 

このように妊娠中に全身脱毛した場合のリスクは、様々なものがあります。

 

そのため、脱毛サロン側は断ることがとても多いのです。

 

自宅で処理をする場合も、電気シェーバーで毛を剃る程度にしておくようにしましょう。

 

 

全身脱毛 おすすめ